美肌女性は始めている!一歩先ゆくスキンケア・エステ用化粧品特集
一歩先ゆくスキンケア エステ用化粧品特集

~ずっとキレイでいたいあなたに贈る~エステ用化粧品の魅力を大公開

自分史上最高の肌が手に入る エステ用化粧品BEST5 詳しく見る
あなたの肌に合う化粧品はこれ!肌診断チェックシート

美肌を育む正しいスキンケア事典

美容成分を贅沢に配合した優秀なエステ用化粧品をラインで揃えても、使い方が間違っていたら意味がありません。

ツヤがあって若々しい美肌をいち早く手に入れるためには、正しいスキンケア法を学ぶことから始めましょう。 

美肌をつくる~洗顔編~

肌細胞を活き活きと保つためには、毎日の汚れをきちんと落とすことが第一。

化粧水や美容液などの成分を肌へ浸透させる意味でも、洗顔がスキンケアの最初にして最大のポイントと言えますね。しかし、洗顔はひとつ間違えると肌を傷つけてしまうことがあるので、丁寧に優しく行うことが大切です。

洗顔に関する注意点、間違いやすいポイントをまとめてみました。

  • クレンジングは、日常的な脂汚れを落とすため、メイクしていない日にも行う。
  • ダブル洗顔はクレンジング+洗顔のこと。2回洗顔することではない。
  • 洗顔料は手のひらでこんもり泡立ててから。手のひらいっぱいの泡で優しく洗うのが基本。
  • メイクが落ちにくいからと言って、指先でゴシゴシこするのはNG。
  • 熱いお湯で洗顔するのはNG。顔を洗うのに適した温度は32度くらいのぬるま湯。
  • お風呂で洗顔する場合は、髪→体→顔の順に洗うのがベスト。
  • 洗顔後はタオルでゴシゴシこすらず、軽く抑えるように水滴を取る。

美肌をつくる~メイク編~

毎日お化粧する人も、しない人も、美肌につながるメイクの方法について知っておいて損はないはず。メイクをする上で注意しておくポイントをピックアップして解説しましょう。

  • 季節を問わず、紫外線対策は毎日行うべき。日焼け止めはメイクしない日も必ず塗る。
  • 肌の水分が奪われることを防ぐためにも、ファンデーションの前に化粧下地を必ず塗る。
  • ファンデーションで隠せるのは、くすみや肌の色ムラのみ。毛穴の汚れは隠すどころかひどくなるので重ね塗りNG。
  • ファンデーションの適量を知ること。頬や額など大きなパーツだけにのせて、他の細かな部分は指に残ったファンデーションを伸ばすだけでOK。
  • スポンジやブラシの汚れはマメに落として清潔に。
  • メイクを落とさず寝てしまうのはご法度。帰ったらクレンジング&洗顔を習慣付ける。

美肌をつくる~お手入れ編~

美しい肌をキープするためのお手入れ法にはコツがあります。

毎日何気なく行っているスキンケアにも、意外な盲点が隠れていることがあるのでご注意が必要です。

より早く美肌を手に入れ、それを長くキープするための方法を探ってみましょう。

  • スキンケアの順番は『汚れを落とす→水分補給→油分補給』の順番で行うこと。
  • 美容液は水分補給(化粧水など)の後、油分補給(クリームなど)の前につける。
  • 乳液は機能や目的を考慮して使用する順番を決める。
  • 脂性肌の人でも水分補給+油分補給は必ず行う。
  • クリームは少しずつ肌にのせると、ベタつきを感じずにしっとり仕上がる。
  • 高価な化粧品だからと言って、ケチらずきちんと適量を使う。
  • たまに行うスペシャルケアよりも、日常使うアイテムに重点を置いて。